【口コミ・評判】詐欺ではなかった!株式会社ニュースのGoodニュースで騙さた人もゼロ人!?|サクッとプラス

【口コミ・評判】詐欺ではなかった!株式会社ニュースのGoodニュースで騙さた人もゼロ人!?|サクッとプラス

「ブロックチェーン技術について」

time 2022/02/21

仮想通貨という言葉に聞き覚えはありますでしょうか?
仮想通貨とは電子データでやり取りされるデジタルな通貨をさします。
運用が成されたのは2009年のビットコインがはじめとして語られています。電子データなので国家の認めた通貨ではないので法律の介入がし難いのが現状です。しかし仮想通貨は仮想通貨取引所で法定通貨と交換することが出来ます。

利益を得る上では法の介入が不完全なのでインターネット上で利益を出すため繁栄していると言っても良いでしょう。
暗号資産を扱う上では「ブロックチェーン」という言葉も知って置かなければなりません。「ブロックチェーン」とは言葉通りチェーン…鎖をさし、ブロック…収納を意味します。では「ブロック」に何を収納するのかと言いますと「トランザクション」と呼ばれるデータを収納します。

「トランザクション」とは金銭を取引した履歴をさしますので、ビットコインとはまた違った電子データになっています。サイトによってはブロックチェーンの技術が扱われていない場合がありますので、ビットコインを利用する上では技術基盤の詳細を確認しても良いかもしれません。

ブロックチェーンにもいくつか種類があり、その技術は暗号資産の収納を考えた上で二つに分類されています。
一つ目は「パブリックチェーン」と呼ばれるオープン化したデータで構成されています。二つ目は「プライベートチェーン」と呼ばれ、データ認証を行わなければならないシステムになっています。どれも不正を防ぐ上で用いられる技術ですので利用する上でもリストが少ないと言えます。

ここで押さえて置かなければならない要素があります。
ブロックチェーン技術には「電子署名」が役立たれて活用されています。
インターネットで署名を行うことで仮想通貨の盗難がおこらないように出来るのです。
これらは「トランザクション」と呼ばれ「送金」するという操作に由来します。
送金トランザクションを生成することで外部から不正に出金される操作を防げるわけです。
二つ目は「マイニング」と呼ばれる取り引きの話になります。
マイニングは行うことで利益を出せるので「マイニングを行う人」…「マイナー」と呼ばれる人たちが名指されています。

マイニングとはブロックチェーンで繋がれている新しいブロックを繋げることで取り引き履歴が残り承認が行われる仕組みです。これはブロックチェーンの仕組みを成立させる上で重要な要素となっているのです。